もっと見る

新商品のご案内

もっと見る

かぐやの想い

日本の文化を届けたい

アオザイ、サリー、キルト、ポンチョにチマチョゴリ…。世界には実に多くの民族衣装があります。いずれも長い歴史に培われた伝統ある装いですが、私たち日本人にとっては、やっぱり着物こそ至高のこしらえ。

近年では、若い人たちにあらためて着物の価値が見直され、「古いもの」「堅苦しいもの」から、「オシャレ」で「個性を表現するもの」に変わりつつあります。また、インバウンド増加の流れから、外国の方がお求めになることも多くなりました。

多くの方々に着物を着ていただけるのは、とても喜ばしいことです。そんな時代だからこそ、四季折々の美しい自然をあしらい、日本人のたおやかながらも凛とした心性を表した、この着物という文化を、世界に、そして未来に届けたい。そう思うのです。

洋服のときとは違う自分を

人生の晴れ舞台、お祝いごとやパーティの席はもちろん、大切な人と会うとか、特別な気分でお出かけしたいとか、普段とはちょっぴり違うそんな一日に、着物はいかがでしょうか?

着物一枚一枚には、カラーリングと絵羽模様が織りなす独自の世界やストーリーがあります。だから、着物を着るということは、一つの世界を身にまとうということ。ちょっと洋服にはない、素敵な感覚だと思いませんか?

かんざしや草履・下駄をはじめとする和装ならではアクセサリーも豊富で、なによりもヘアセットや着付けなど、着こなしで印象が大きく変わります。着物独特の美意識の中にも、無限のコーディネーションが広がっているのです。

さあ、着物を着て帯を締めて、凛としたさわやかな気持ちで出かけましょう!

お客さま一人一人が紡ぐ、絹もの語り

竹藪の中で一本だけ光り輝く竹があって、翁がこれを切ると中から「かぐや姫」が姿を現したという竹取物語。「かぐや」には、光り輝く、という意味もあるのだそうです。

着物を身に付ける喜びに満ち溢れた、光り輝くような和服姿。そんな「かぐやスタイル」を、一人でも多くの方に体験してほしい。それが私たちの願いです。

あなただけの「絹もの語り」を、かぐやで紡いでみませんか? ご来店を心よりお待ちしております。